アイテムを用いる

新郎から新婦への指輪

女性であれば誰もが一度は憧れる結婚指輪、結婚の誓いを行う際に新たなパートナーと交換しますが、なぜ結左手薬指にはめるのでしょうか。
そもそも結婚指輪とは古代ローマ時代が起源となっており、相手との約束を必ず守るという、誓いの証だったそうです。
その後、今では当たり前である左手薬指にはめるという風習が生まれました。
左手薬指にはめる意味は、古代ギリシャにおいて左手薬指と心臓は一本の血管でつながっている、と信じられていたからです。
お互いの心と心を繋ぐという意味合いが、左手薬指にはめる理由の諸説として一番有名かつ信憑性が高いとされています。
また切れ目ない輪の形が永遠の愛を表すという説もありますが、いずれにしてもロマンチックな理由なので、女性が憧れるのでしょうね。

冒頭では結婚指輪の歴史について説明させて頂きましたが、現代ではどのような形式で作成する事ができるのでしょうか。
作成における形式は多種多様で、個人個人のオリジナリティを表現できる上に、品質も格段に向上しています。
またジュエリーショップ等でオーダーメイド作成が、今では当たり前になっています。
好きなイメージやモチーフを活用したり、誕生石を埋め込んだりと、世界で一つしかない二人だけの形をジュエリーショップでは作成する事ができます。
ジュエリーに精通したクラフトマンが、デザインからサイズまでトータルサポートを提供してくれるので、二人が思い描いた理想の指輪を作る事ができるのです。
今後もオリジナリティを出せるオーダーメイドがトレンドになると共に、世界に一つしかない結婚指輪を二人で作成することで、パートナーとの愛を確認できる事でしょう。

ピックアップ

Copyright(c) 2015 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com